施主目線の家づくりブログ

私は、2012年に一度、家を作りました。

その時は二世帯住宅でしたので、両親と一緒に作っていく形ではありましたが、家づくりの一通りの流れや、「何を決めていかなければならないのか」ということを学ぶことができました。

でも、家づくりの工程って本当にたくさん決めなければならないことがあって、何の準備もなく始めると流されるように物事が進んでいってしまいます。

もちろん、施主がオーナーですので施主のペースでやればいいんでしょうけど、完全に任せていたら全然進まないので工務店も困ってしまうでしょう。

なので、こだわりの部分は迷う時間を与えてくれつつも、細かいところは「標準仕様」で決まっていってしまいます。

これが後になって、後悔や不満につながったりします。

そして、2021年の竣工を目指して、また家づくりを進めています。

前回の時との違いは、自分の経験もさることながら、世の中に情報がたくさん増えたな、と感じています。

ブログやYoutubeで、工務店をはじめ各メーカーや過去に家を作った施主さんが家づくりについてわかりやすく発信してくれているので、本当に勉強になります。

事前にこういう情報などを見ながら準備をしていたので、今回の家づくりはだいぶ細かいところまで、しっかりと流されず決めていくことができています。

そうはいっても、ブログやYoutubeは発信者の立場によっていろんな思惑が入っていることも事実です。というか、仕方ないことです。

なので、一人でも多くの人が、自分の立場から情報発信することで、全体としてバランスの取れた情報になっていくのかなと思っています。

自分も、たくさんのことを先人たちのブログから学んだので、自分の経験も公開していくことで誰かのお役に立てたらいいなと思っています。

そういうわけで、施主目線、特に注文住宅2回目の経験談を書いていきたいと思います。

トコトコ

妻と娘と三人暮らし。
家づくりについては二世帯住宅を作ったものの、うまく行かずに中古マンションへ。その後、やっぱり戸建てが諦められず、改めて注文住宅を建築中。
望んだわけではないものの、住宅・不動産業界のことや家づくりのことがある程度わかるようになってきた。
最初の家づくりをする前に知っていたら良かったなと思うことを書いてます。

トコトコをフォローする
家づくり
tocotoco.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました