お骨はお墓に入れないといけないの?

納骨堂でお墓を購入する方は大きく分けて次の3種類に分けられます。

  1. 生前にお墓を買いに来る方
  2. すでに亡くなった方のお骨を納めるお墓を買いに来る方
  3. 墓じまいなどで別のお墓から移動する先を探しに来る方

具体的な割合とかは個々のお墓で違うでしょうし、あまり数字が独り歩きすると困るので控えますが、②が一番多いです。

ちなみに②が多くなるのは、生前に購入するのは気が進まないので、あらかじめ買うことだけを決めておいて、亡くなったらすぐに買いに来るという方も含まれるからかもしれませんね。

という話をしたのですが、多いから良いとか悪いとかってことを言いたいわけではなく、要は亡くなってからしばらくは手元にお骨を置いておいて、しばらくしてからお墓を探しに来る人も結構いるんですよ、というのが話の主旨です。

遺骨を自宅に置いておいてもよいの?

遺骨の取り扱いについては、「墓地、埋葬等に関する法律」という法律で定められているのですが、自宅に置いておくことは何の問題もありません。

細かく言うと、庭とかも含めて「墓地以外に埋めてはいけない」とか決まりはあるのですが、例えば仏壇とか部屋の中に置いておく分には全く問題ありません。

この手の話は、お墓屋さん墓石屋さんなどのサイトにも同じように書いてあるので裏を取っていただければと思います。

では、いつ納骨するのが良いの?

で、お墓屋さんは最終的にはお墓を買ってもらうことで商売をしてるので、「お墓を買いたいと思った時が買い時、いつでも良いよ」と言いながら、最終的には「とはいえ期限を決めないと買う時期を逃しますよ」と購入を促すわけです。

まあ、これは仕方のないことですし、別に悪質でもありません。確かに、こういうのって期限を決めないと買うタイミングが分からなくなってしまう、というのはあると思います。

なので、特に手元に置きたいとかではなく、良いところが見つかったら納骨したいなと考えているなら一周忌や三回忌というのが期限として切りやすいのではないかと思います。

お坊さんや親戚など呼ぶ場合は、その手間もいっぺんに済みますしね。(楽することを目的とするわけではないのですが…)

焦る必要はまったくない

一方で、お墓業者としてではなく、自分の父を亡くした時に、残された母を見ていて思ったこと書きます。

母は、なんでも「常識」に囚われる傾向があります。良く言えば常識を大事にするというか。日常生活では、他人に迷惑をかけないように常識を重んじるという姿勢は全然悪くないと思います。

で、お墓をどこにしようか決めきれない中、四十九日でお墓に入れないのは変だよね、とか、いつまでの家に置いておいたら変だよね、とか言っていました。

また、親戚の中にも「早く納骨するのが常識だ」と言ってくる人もいました。

でも、この問題に関しては常識がどうなのかよりも、自分の気持ちを大事にして欲しいと傍から見ていて思ったのです。

母は、父を亡くして動揺していました。そして、父がいなくなってしまったことが本当に寂しそうでした。仏壇に父のお骨を置き、毎日拝んでいました。お骨をそばに置くことで、気配を感じることができて安心できるそうです。

なんか、それでいいんじゃないかと思いました。

それで納骨をするタイミングを逃すのであれば、いつか母が父の元に逝ったときに、私が一緒に納骨してあげたらいいんじゃないかと。

残された人のために

母の場合は結局、気が収まったのか、お墓に入れてあげた方が父が安心できると思ったのか、一周忌のタイミングで、家の近くにお墓を買って納骨しました。それからは頻繁にお墓に行って草取りしたり掃除したりしてるようですが、それはそれで良い運動になってるようで良かったです。

よく言われることですが、お葬式とか四十九日の法要とか、人が亡くなった後ってとても忙しいですが、これらは亡くなった人のためではなく、残された人の気持ちを整理するためにあるんだと。

確かに、忙しくいろいろやってると気が紛れて、四十九日を迎えるころには結構気持ちが落ち着いてるんですよね。

お墓の問題も同じで、残された人が一番良いようにすれば良いのだと思っています。

何度も言いますが、お墓のことって情報があまりない分、それぞれの勝手なイメージを常識と錯覚してしまい、「早く納骨するのが常識だ」とか言ってくる他人が現れるものですが、納得いくまでゆっくりとやってよいのです。

トコトコ

人事異動で、突然お墓を作ったり売ったりする部署へ。
身近なようで、あまりよくわからない世界。
これまで「常識」と思っていたことが、意外とそうでもなかったり。
私が世間知らずなだけ、というのはさておき、思ったことや感じたことを書いていこうと思います。

トコトコをフォローする
雑記
tocotoco.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました