桧家住宅のモデルハウスに行ってきた

家づくり

先日、八王子住宅公園にある桧家住宅のモデルハウスに行ってきました。

「Z空調」というのがとても魅力的で、すっかり虜になってしまいました。

印象に残った特徴を中心に自分の感想も交えてまとめておこうと思います。

Z空調(ゼックウチョウ)

まずはこれ。

「Z空調」というのはゼックウチョウと読むのですが、簡単に言うと全館空調システムで、各部屋にエアコンをつけていた従来の家と違い、家中どこの部屋も快適な温度ですよ、と。

で、それを実現するのに使っているのは、各フロアに1台ずつつけた天井付けのエアコンと、換気システム。

特にエアコンは市販品を使っているので他のメーカーの全館システムに比べて安価に導入できるとのこと。

展示場に入ってみて、どの部屋も温度が一定なのは本当にストレスがないんだなと実感しました。

そして、エアコン自体は居室だと音がうるさくなりがちなので、できれば廊下などにつけた方がいいとのこと。

なにより各部屋にもエアコンがないというのはスッキリしていいと思いました。

個人的には、せっかく高気密・高断熱で作られた家の各部屋に、エアコンダクト用の穴をあけて気密性を下げるのがちょっと気になっていたのもあり、各部屋に後から穴をあけることなく空調が装備されていることも高評価でした。

逆に気になったのは、初期費用と光熱費、あとエアコンの連続使用による乾燥状態かな。

費用については快適さとどちらを取るかという問題なのでいいとして、乾燥肌の私としては現状でもかなりきついのに、大丈夫かなぁ・・・と。

洗濯物は部屋干しでもよく乾くみたいですけどね。それはそれで魅力的ですが。

Wバリア工法

これも簡単に言うと高気密・高断熱の工法になってますよ、ということ。

家全体が断熱材で包まれている感じです。

特に基礎にも断熱材と吹き付けて断熱しているので、床下にもエアコンの暖かい空気を流し込むことができ、床下から温められるのはいいなと思いました。

エアコンで部屋を温めるだけだと、どうしても床が温まらず、底冷えしますもんね。

この手の基礎断熱はシロアリに弱いってよく聞くのですが、基礎部分は防虫効果のある断熱材にしているようで対策済みとのこと。

青空リビング

ルーフバルコニー。屋上、ですね。

ルーフバルコニーって、どうしても雨漏りリスクが高そうだなという印象。

見た目はよくベランダとかの防水に使われているFRPみたいな感じだったので、経年や何かのはずみで割れたり剥がれたりしたりすると、雨漏りが心配なんですけど、って聞いてみました。

なんとかって九州の会社が作っている、金属板を使った防水をしているそうで、FRPみたいに簡単に劣化したり亀裂が入ったりしないそうな。

ただ、うちは庭をそれなりに確保しようと思っていたので、わざわざ屋上に上ってバーベキューはやらなそうだし、メンテナンスはさておき、掃除の手間もかかりそうなので即却下。

そもそも、バーベキューってそんなにやるのかな。。。1階のキッチンから食材運ぶのもめんどくさそうだし。

明確な金額表示

これは本当に良い点ですね。

カタログに参考間取りが載っていて、これだと本体価格いくらですってのが明確に載っている。

一方で、間取りはある程度制限されてしまう感じで、カタログの中にほぼこんな感じ!って間取りがあればいいんですけど、かなりカスタマイズが必要な場合はオプション費用がバカにならないと思います。

でも、そうやってほぼ規格通りの家を大量生産することでコストを落とし、安く提供しているんだから、ここは評価すべきところかな。

斎藤工

これがまた、かなりの存在感です(笑)

桧家住宅のホームページやYoutubeなどでCMを観ることができますが、なんというか・・・色っぽい。

興味がある方はぜひ(笑)

まとめ

全体的に設備と言い、値段と言い、バランスの良いハウスメーカーだなという印象でした。

たまたま説明についた営業さんが、ハウスメーカー特有のガツガツした感じじゃなかったのがまた好印象だったのかも。

モデルハウス自体も等身大というか、普通に建てるとこんな感じというのをイメージしやすい仕様やサイズだったのも良い点でした。

トコトコ

妻と娘と三人暮らし。
家づくりについては二世帯住宅を作ったものの、うまく行かずに中古マンションへ。その後、やっぱり戸建てが諦められず、改めて注文住宅を建築中。
望んだわけではないものの、住宅・不動産業界のことや家づくりのことがある程度わかるようになってきた。
最初の家づくりをする前に知っていたら良かったなと思うことを書いてます。

トコトコをフォローする
家づくり
tocotoco.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました